マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

【日本株週間見通し】リラ急落に伴う下落を短期で回復の意味

2018年8月19日 6:00

 こうしたなか、今週は、中国・王受文商務次官の今月下旬の訪米を控えるなかでの、対中追加関税(約2000億ドル分25%関税)の公聴会と、パウエルFRB議長が講演するジャクソンホール会議という2大イベントが材料となりそうだ。とくに、公聴会を契機に米中貿易摩擦に緩和の動きが見られれば、相場へのインパクトは大きい。物色面では、欧州機関投資家がベンチマークとして採用するFTSEの指数構成銘柄の入れ替え発表(24日)が注目される。新規採用候補としては、一部でファンケル<4921>、フジシールインターナショナル<7864>、日本ユニシス<8056>、ヤオコー<8279>、GMOインターネット<9449>などが候補として上がっている。また、13日の全面安商状の中でも、前週末の決算発表を好感したリクルートHD<6098>、日本郵政<6178>、ドンキホーテHD<7532>は逆行高を演じており、業績見直しの動きは継続しそうだ。

 今週の主な国内経済関連スケジュールは、20日に7月の主要コンビニ売上高、22日に6月全産業活動指数、24日に7月全国消費者物価指数、7月企業向けサービス価格指数、FTSE銘柄入れ替え(実施は9月21日終値)の発表が予定されている。

 一方、米国を含む海外経済関連スケジュールでは、20日にEUなどのギリシア金融支援(第3次支援プログラム)が終了、米政府が2000億ドル分の対中関税公聴会を開催予定(23日まで)、22日に米7月中古住宅販売件数、7/31・8/1開催のFOMC議事録、23日に米7月新築住宅販売件数、米6月FHFA住宅価格指数、米中が相互に関税引き上げ実施(160億ドル分)、米経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」(25日まで)、G20デジタル経済相会合(アルゼンチン・サルタ、24日まで)、24日に米7月耐久財受注の発表、開催などが予定されている。このなかでは、対中追加関税の公聴会と「変化する市場構造と金融政策への影響」をテーマとするジャクソンホール会議が注目イベントとなる。なお、22日発表の米7月中古住宅販売件数は、前回6月期は前月比マイナス0.6%だったが、今回はプラス1.3%の事前予想、23日発表の米7月新築住宅販売件数も同マイナス5.3%から今回はプラス3%の事前予想と堅調な数値が想定されている。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。