マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国で「口紅効果」が顕著、消費低迷はまだ続くか

2018年8月29日 7:00

 2017年に入ってから、一人当たり可処分所得は安定成長をしているが、都市部消費支出をみると、相対的に弱いといった状況が続いている。その背景には、逆資産効果が表れているのではないかといった見方がある。

 ここ数年、一部の地方で不動産価格コントロール政策が実施されており、それが強化されている。不動産価格の調整は穏やかではあるが、上昇余地は限られると考えている人々が増えているのではないか。また、本土株式市場をみると、はっきりとした下落傾向がみられる。このように資産の縮小や収入の鈍化見通しが強まったことで、消費支出が弱まっているのではないか。

 一部の外資系証券会社は、所得水準の上昇、中間所得層の増加によって、消費は高い伸びを示すようになるとして、消費関連を長期有望銘柄としているところがある。しかし、こうした観点はあくまで長期の見方であって、消費は短期的には収入、資産価値などに影響を受ける。消費全体の低迷はもう少し続く可能性がありそうだ。

文■田代尚機(たしろ・なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、内藤証券中国部長に。現在は中国株ビジネスのコンサルティングなどを行うTS・チャイナ・リサーチ代表。ブログ「中国株なら俺に聞け!!」、メルマガ「週刊中国株投資戦略レポート」も展開中。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。