マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

避難生活で手元に置いておくべきお金は? 通帳印鑑なしでも預金引き出せる

2018年9月7日 11:00

ATMも備える車両型郵便局も(写真:時事通信フォト)

 常に大規模な自然災害と隣り合わせの日本では、災害が起きることを前提に暮らしていかなくてはならない。被災からの再起を図る上でとりわけ重要となるのが「お金」だが、“手助け”となる制度もあることが十分に意識されているだろうか。

 取るものも取りあえずたどり着いた避難所でも、一息ついたその直後から頭をもたげる心配事は、当座のお金だ。

 量の多少はあれ、避難所には支援物資が届く。だが、食料や日用品は最小限で、必要とあらば自ら買いに走らなければならないし、メガネを修理するにも病院に足を運ぶにも、当然ながら「現金」が要る。

 持ち出した財布を開けてみると現金がなく、かといって、近隣のATMなどは被害を受けて故障していて引き出せない、といったことが予想される。

 そんな時、例えば2016年の熊本地震の際には、避難所近くに車両型郵便局が登場。車内にはゆうちょ銀行のATMが設置され、被災者の現金需要に対応した。

「ただ、ATMを利用するにはキャッシュカードが必要。財布と別に保管していたら、被害で行方がわからなくなっていることもあるでしょう。同様に、通帳や印鑑がないということもあり得る。

 そんなとき、ゆうちょ銀行では写真付きの身分証明書などによる本人確認ができれば20万円まで引き出せる“非常取り扱い”があり、他の銀行や信金でも過去の自然災害の際には10万円程度を限度に対応しました」(危機管理教育研究所代表の国崎信江氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。