マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

スーパーでの賢い食材の買い方、“まとめて”か“その都度”か

2018年10月12日 15:00

働いている人にとってはまとめ買いがラクだが…

 やりくりにいちばん頭を悩ませる“食費”。毎日欠かせないことだからこそ、少しずつ削ると大きな節約になる。女性セブン読者にアンケートを実施したところ、読者のスーパーでの食材の買い方は、“まとめ買い派”と“その都度買う派”の2派に分かれた。そこで、節約アドバイザーの丸山晴美さんに、どちらが賢い買い方か聞いた。

「働いている人はまとめ買いがラクですが、これは買いためた食材をうまく使い回せる料理上級者でないと、逆に食材を余らせて無駄にする可能性が高い。それなら、例えば“食費は1日1000円”と決めて、その都度、必要な食材や、安い食材だけを買いに行く方が無駄がなく合理的です」(丸山さん・以下同)

 ただ、スーパーに行く回数は必然的に増えるので、必ず予算をオーバーさせず“余計なものは絶対に買わない”という強い意志が必要とも言う。

「最近は、野菜や乳製品の高騰、さば缶など隠れ値上げしている商品もあり、どこの家庭も食費はかさみがち。少しでも無駄を抑えることが必須です」

 以下は、丸山さんの食費節約テク。早速、参考にしたい。

●スーパーに行く時、子供や夫と一緒に行くと余計な出費が増えるので一人で行くようにする。

●MYトレンドの節約食材は“豚こま肉”。ボール状に丸めて、粉をつけて揚げたり、野菜と炒めたり、シチューやカレーに入れても◎。作るのも簡単で、ボリュームが出て満足感あり。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ナンピンは悪手じゃない! 月5万円着実に稼ぐ話題のFXトレーダー
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。