マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

「妻のパート」で厚生年金に加入すれば年金額大幅アップも

2018年10月17日 15:00

女性の方が厚生年金額を増やすチャンスは大きい(イラスト:藤井昌子)

 現役時代はとりあえず決められた保険料を払い続け、老後は決められた年金を受け取るだけ。年金は、国に任せて放っておくしかない──そう諦めている人はいないだろうか。年金は、制度について知識を得て、賢く活用すればするほど、増やすことができるもの。ここで紹介するテクニックをぜひ活用してほしい。

「妻のパート」で厚生年金に加入して年金額を大幅アップ

 国民年金加入者の平均年金額が月額約5万5000円程度なのに対し、厚生年金加入者は約14万6000円。実に9万円もの開きがある。それだけ、厚生年金は老後の強い味方だということだ。「年金博士」として知られる、ブレインコンサルティングオフィスの北村庄吾さんが語る。

「国民年金の保険料は一律1万6340円で全額自己負担ですが、厚生年金は会社が半分負担してくれるため、厚生年金の方がずっとお得な制度だといえます。

 しかし現状では、男性に比べて女性の厚生年金への加入期間は圧倒的に短い。男性は高卒・大卒後から定年退職までずっとサラリーマンとして厚生年金に加入するので、約半数が加入期間35年以上。一方で、女性は半数が10年未満です。逆にいえば、女性の方が厚生年金額を増やすチャンスが大きいということです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。