マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

子どもの習い事 教育費をかけべきる部分と削るべき部分の考え方

2018年12月11日 15:00

水泳、ピアノ…他、子どもの習い事はどこまで続けさせるべきか

 毎月の家計の支出を削減したくても、何をどの程度削減したらよいのか迷ってしまう世帯も多いのではないだろうか。特に、習い事などの子どもの教育費については「聖域」として手をつけられない世帯も少なくないだろう。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのマーケティング・ディレクター兼個人投資家の秋山哲氏は、著書『お金からの解放宣言』(かんよう出版)の中で、教育費の適正な支出ついて説明している。秋山氏が“教育費の原則”について解説する。

 * * *
 習い事などの教育費について考えるときは、まずは「子どもがやりたいと思うこと」を判断基準にするべきではないでしょうか。子どものやりたいことは年齢が低いほど直感的なものですが、それでもまずは子どものやりたいことをやらせてあげることが大切だと考えています。なぜなら、年齢がいくつであっても、やりたいことをやるのが人生そのものだからです。

 子どもがやりたいことが途中で嫌になった場合は、次の段階に達するまでは継続させることをお薦めします。たとえば、水泳を習っていたとしたら次の級に合格するまでは継続させます。やりたいことでも嫌な時があるのは物事の常なので、嫌になったらやめられる癖をつけさせないためです。次の級に合格した時に子どもがやめたいと言うのであれば、この時はやめさせてもよいでしょう。これは、次の段階に達した喜びを持ってしてもやめたいのか、要するに本当にやりたいことなのかどうかを、子ども自身に判断させるためです。

 教育費において最も気をつけなくてはいけないのは、親が子どもに“こうなって欲しい”という姿を優先させてしまうことです。子どもも親の期待や考えを理解しようと耳を傾けますが、こうしたときに、親が子どもに“なって欲しい姿”を子どもの意思や興味より優先しないように気をつける必要があります。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。