マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

子どもの習い事 教育費をかけべきる部分と削るべき部分の考え方

2018年12月11日 15:00 マネーポストWEB

 子どもがやりたいことを出来ていないと思う方は、一度お子さんとじっくり話をしてみてください。ただし、子どもは大人と違って、「自分のできること」や「自分がやらなくてはいけないこと」といった分類を上手にすることができません。だから、まずは「興味」を最優先してあげるのがよいと思います。

 やりたいことを継続する中で「できること」が積み上がっていき、「やりたいこと」と「できること」が合致するようになったら、子どもの中で「自分がやらなくてはいけないこと」という、次のミッションに変わっていきます。その過程を見守っていきましょう。子どもの持つ等身大の興味以上に教育費を使っている場合は、子供の将来に繋がらないのでその費用は削減すべきです。

 また、子どものやりたいことが複数あり、家計にしめる教育費が大きい場合も費用の削減を考えなくてはいけません。この場合は、子どもにやりたいことの優先順位をつけてもらいます。

 親としては子どものやりたいことをやらせてあげられないのは辛いことです。ただ、老後のための十分な資産形成ができない状態で大きな教育費を支払い続けることは、将来子どもに大きな経済的負担をかけることに繋がります。また、子どももやりたいことを選択することによって、やりたいことへの想いがさらに強くなり、結果として子どもの将来に繋がる可能性もあります。親としてはこの可能性を最大化してあげることに注力すべきではないでしょうか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。