マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

PayPay「100億円」で注目度アップ、「QRコード決済」とは何か

2018年12月9日 15:00

 各社は電子マネーと同様、支払い額に応じてポイントを還元したり、割引きクーポンを配布するなどお得なサービスを実施して競い合っているが、ソフトバンクとヤフーは、他社の還元・割引率を大きく引き離す、還元率20%(月額5万円の上限付き)の「100億円あげちゃうキャンペーン」を打ち出した。消費経済ジャーナリストの松崎のり子さんが話す。

「20%という驚異的な還元率を実施した企業は、過去に聞いたことがありません。QRコード事業に参入した企業としては後発になるため、普通のキャンペーンではダメだと踏んだのでしょう。期限は2019年3月末までで、100億円分を還元した時点で終了します。その後の還元率は0.5%になってしまうので、このチャンスを逃してはいけません」

 このキャンペーンを利用すれば、5万円の買い物で1万円も戻ってくる。今後、利用可能店舗にビックカメラやヤマダ電機などの家電量販店が含まれるというから、家電など高額商品を購入する予定があるなら、20%還元が終了しないうちに利用したい。ポイント事情に詳しい菊地崇仁さん(コンサルティング会社「ポイ探」代表)が話す。

「PayPayは、今なら登録するだけで500円分、5000円以上チャージすると、さらに1000円分のPayPayマネーがもらえます。また、20%還元の他に40回に1回の確率で支払い額が全額実質タダ(月10万円まで)になるユニークな取り組みも実施中です。ソフトバンクとワイモバイルの携帯ユーザーなら、この確率が10回に1回と格段に上がります。

 PayPayがここまでするのなら、他社もただ指をくわえて見ているわけにはいかないはず。今後、ユーザー獲得に向けた還元率争いがさらに激化するとみて間違いありません。これに加え、政府の5%還元制度も始まれば、各社の還元率にさらに5%上乗せされることになります。新しいサービスが普及し始まるタイミングは競争が激化し、とても得をするもの。QRコード決済を始めるなら、今この波に乗らないと損です」(菊地さん)

※女性セブン2018年12月20日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

月20万円稼ぎ続ける自動売買系FXに新展開 メキシコペソに妙味あり
トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。