マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

家族みんなで再出発、「死後離婚」で子の氏を旧姓に変更する方法

2018年12月17日 15:00

新しい戸籍に入れるための手続き

新しい戸籍に入れるための手続き

 近年急増している死後離婚の代名詞といえば「姻族関係終了届」だが、この届には姓を戻す効力はなく、離婚のように姓が変えられるわけではない。旧姓に戻すには、「復氏届」を提出しなくてはならない。

 ただし、復氏届で旧姓に戻すことができるのは、生存配偶者のみ。子供の姓を自分と同じ姓に変更するには、別途、届出が必要だ。その手順を紹介する。

【STEP1】子の姓を変更する

家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出して許可を得る必要がある(イラスト:小野寺奈緒)

家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出して許可を得る必要がある(イラスト:小野寺奈緒)

 復氏届を提出して亡き夫の戸籍を抜けても、ふたりの間に生まれた子供の籍はそのまま、亡き夫を筆頭者とする戸籍に残っている。

「子供も一緒に戸籍を移したい場合は、自分の子を実家の親の戸籍に入れることはできないので、新しい戸籍を作る必要があります。その場合は、まず家庭裁判所に『子の氏の変更許可申立書』を提出して許可を得る必要があります」(弁護士の佐藤みのりさん)

 子が15才未満の場合は親が子の法定代理人として申し立てることができるが、15才以上なら、本人が申立人となり、家庭裁判所に出向く。

 申し立てにかかる費用は、子1人につき収入印紙800円+郵便切手数百円程度(裁判所によって異なる)。書類が受理され、裁判所の職員から形式的な審査を受け、許可が得られる。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。