マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コンビニ3社の「かつ丼」比較 もっともガッツリなのはどこ?

2018年12月23日 13:00 マネーポストWEB

セブン-イレブンのかつ丼はシンプル

セブン-イレブン「特製ロースかつ丼」
セブン-イレブン「特製ロースかつ丼」

 セブン-イレブンで販売されているのは「特製ロースかつ丼」(498円)。ふわとろの卵と柔らかいロースかつがよく合う一品。かつの大きさはローソンのかつ丼と同じくらいで、ファミマよりは小さめ。カロリーは655kcalとなっている。

 味付けは少々薄めで、かつ丼としての“ガッツリ感”はそこまでではない。かつ丼といえば“重い”というイメージもあるが、このセブン-イレブンのかつ丼に関しては、あまり重さは感じられないので、普段かつ丼を好んで食べない人にもおすすめできる。

カロリー単価のコスパはファミマがダントツ

 ファミリーマートのかつ丼は、ずば抜けて“ガッツリ感”が強調されたものとなっている。1kcalあたりの価格を計算してみると、ローソンは0.84円、セブン-イレブンは0.76円、ファミリーマートは0.61円。カロリーと価格だけに注目すると、ファミマのかつ丼の“コストパフォーマンス”が優れているといえる。

 コンビニによってその方向性は意外と違うことがわかったかつ丼。がっつり食べたい時にはファミマ、重いのは嫌だけどかつ丼は食べたいというときはローソンかセブン、といったように、気分に合わせて選んでみてもよさそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。