マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

飲酒による死亡事故世界1位の中国、世論の変化で「飲酒離れ」も

2018年12月26日 7:00

中国の飲酒文化に変化も(イメージ)

 日本では今、年末年始の宴会シーズン真っただ中であるが、生死にかかわるほど飲む人はまずいない。しかし、中国ではそうでもないらしい。

 アメリカの雑誌、Forbesによれば、世界195か国における1990年から2016年にかけての飲酒による15~49歳の男性死亡事故件数をみると、国別では中国が65万人で断トツとなっている。第2位はインドで29万人、第3位はロシアで18万人、第4位はブラジルで7万6000人、第5位はアメリカで7万1000人である。以下、ベトナム、ウクライナ、ドイツ、メキシコ、フランスの順で、幸いにも日本はベストテンには入っていないようだ。

 女性の死亡事故件数のデータもあるが、女性の事故は男性と比べて圧倒的に少ない。たとえば最多の中国でも事故件数は5万9000人であり、女性は男性の9%に過ぎない。

 事故を起こす大半の理由は酒の無理強いか、飲酒経験の少ない若者による一気飲みである。女性の事故件数が少ないのは、そういうことが圧倒的に少ないからであろう。

 中国では、年配者が若者に対して、宴席で酒を勧める言葉の一つとして、「感情深、一口悶、感情浅、テン一テン(「テン」は舌偏に忝)」といった言い方がある。「感情が深ければ一気に飲み干し、感情が浅ければ舐めるように飲む」という意味だ。

 酒を飲むことで、相手に誠意や信頼を示す。酒が飲めることが男としての格の高さを示す。こうした考え方が中国文化の中に根付いている。

 それは、取引先との宴席でも、仲間同士の飲み会でも、親戚の集まりでも、同じである。日本でも昭和の飲み会は正にそんな感じであった。

 筆者が社会人になったばかりのバブル期は、まだ、社内の上下関係は厳しく、先輩の誘いは断りにくい雰囲気があった。飲み始めると3次会まで引っ張りまわされ、最後はタクシーで帰るというような生活が1週間に2、3回あった。

 現在の若い方たちには想像がつきにくい状況かもしれない。パワハラも部下教育の一環として当然のように行われていた時代である。もっとも、そうして修羅場を潜り抜けて築き上げた人間関係は強固であり、社交力は飲酒を通じて鍛えられた部分も大きい。企業の強さは営業力にあり、それは、飲酒文化の上に成り立つ社交力の強さによるようなところもあった。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月5000円の金利収入も メキシコペソのスワップポイント比較
楽天ポイントやdポイントを無駄にしていませんか? ポイントを投資に有効活用
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。