マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

家族の死後も受け取れる「未支給年金」「遺族年金」「寡婦年金」

2019年1月28日 16:00

 遺族基礎年金は、夫(被保険者)の死亡時に18才未満の子、または障害のある20才未満の子がいる場合に受け取れ、遺族厚生年金は子がいない場合でも受け取れる。

 遺族年金の対象者以外でも、国民年金に加入していた自営業などの第1号被保険者が未受給のまま亡くなった場合、妻に対して60~64才の間、支給される「寡婦年金」もある。寡婦年金請求書を提出すれば、年間約58万円を5年間受け取れる。

「これらの年金を受け取るには、故人の死後『年金受給権者死亡届』を提出しておく必要があります。国民年金の場合は死後14日以内、厚生年金の場合は死後10日以内の提出が必要です。この手続きをしないと、死後も年金を受給し続ける違法な状態となり、発覚すれば詐欺罪に問われたり、年金機構から突然、不正受給をした額の返還請求がくることもあります」(井戸さん)

 親や夫が生きている間に、ボケる前にやっておくことで、さまざまな事務処理が楽になることは多くある。

 肉親の死に動揺しない人はおらず、そうした精神状態でさまざまな判断を下せば間違いも起きやすい。親の財産の話は聞きづらいが、そこを乗り越えて、しっかり家族で話し合っておこう。

※女性セブン2019年1月31日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。