マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

12年前の“消えた年金”を泣き寝入りせず取り戻す方法

2019年2月15日 7:00

「年金記録訂正請求書」はここまで書く
「年金記録訂正請求書」はここまで書く

 本人が社員証や給与明細などの“証拠”を示し、その会社に勤務し、厚生年金に加入していたことを証明しなければならない。だが、昔のことで勤務していた当時の資料も残っておらず、会社もなくなっている場合など、立証は難しいケースもある。それでも、泣き寝入りしてはいけない。

 年金記録訂正請求書には、当時の事業主、同僚、経理担当者などを記入する欄があり、昔の上司など「勤務の事実」を証言してくれる人が見つかれば、記録訂正につながる可能性が高まるからだ。

 2007年の「消えた年金」は時効が停止されている。どんなに昔であっても、記録が訂正されて年金額が増えれば、これまで未支給だった年金が一括で取り戻せる。

※週刊ポスト2019年2月15・22日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。