マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

原田ひ香さんインタビュー『三千円の使いかた』に続く新刊『財布は踊る』で「絶対書こうと思った」お金の話

2022年8月13日 7:00 女性セブン

原田ひ香さんが新作『財布は踊る』で書きたかったこととは?
原田ひ香さんが新作『財布は踊る』で書きたかったこととは?

 著書『三千円の使いかた』(中公文庫)が60万部突破のベストセラーとなっている原田ひ香さんが、再びお金を題材にした新刊『財布は踊る』(新潮社)を上梓した。同書に込めた思いについて、インタビューした。

新刊『財布は踊る』(新潮社)
新刊『財布は踊る』(新潮社)

美容院でたまたま節約術の載っている雑誌を渡されて

『三千円の使いかた』が目下60万部の大ベストセラーになっている原田さん。新刊『財布は踊る』も、お金にまつわる小説である。

 物語を展開させるカギになるのがルイ・ヴィトンの長財布だ。主婦がコツコツお金を貯めて憧れの財布を買ったものの、すぐ手放すはめに。メルカリに出品された財布は別の人に買われるが、すぐまた違う人のものになる。巡り巡っていく先々で、さまざまな事件が起こる。

「有吉佐和子さんの『青い壺』という小説があるんです。ある陶芸家がつくった壺が、どんどんいろんな人の手に渡っていくんですけど、すごく面白くて、こういう感じの小説を書いてみたいなと前から思っていました。『三千円の使いかた』を書き終えて、お金についてのエピソードはまだまだあったので、この2つをあわせて小説が書けるんじゃないかな、と思いました」(原田さん・以下同)

 家計の節約術や限られた資金を増やす投資のやりかたなど、小説に出てくるエピソードが具体的。原田さんは長年、女性雑誌の節約術を読み込んできたそうだが、出会いは偶然だった。

「小説家になって少ししたころ、美容院でたまたま、節約術の載っている主婦雑誌を渡されたんです。『すてきな奥さん』も『おはよう奥さん』も、いまは2誌ともなくなってしまいましたけど、それまでまったく知らない世界で、すごい、絶対、小説のネタになると思いました。ただ、そのころ書いていたのは純文学の文芸誌だったので、題材をうまく小説化できなくて。ようやく節約を主題に小説にできたのが、『三千円の使いかた』です」

 原田さん自身も出版社サイドも、『三千円の使いかた』がここまで売れるとは予想していなかったそう。老後2000万円問題に関心が集まっていることや、コロナ禍で自宅にいる時間が増えたことなど、状況の変化もヒットを後押ししているようだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。