マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

親が亡くなる前にやっておきたい 生前贈与と不動産名義の確認

2019年3月23日 17:00

生前贈与は早くからやっておけば節税メリットも大きい

 親の死後に自分が、あるいは自分の死後に家族が、慌ただしい中で進めなければならないのが相続の手続きだ。「どんな準備・対策が必要か」を指南する情報は数多くあるが、実は最も大切なのは「いつ、その対策をやるか」ということだ。

 まだまだ元気と思っていた親が、正月に久しぶりに顔を合わせるとずいぶん衰えていた。近い将来に「その時」は訪れるかもしれない……。そんな現実を直視して、時間的な余裕があるうちに進めたいのが相続税対策だ。

生前贈与「早くやれば節税メリット大」

 預貯金などの金融資産が多い親ならば、考えておきたいのが配偶者や子供たちへの生前贈与だ。円満相続税理士法人代表で税理士の橘慶太氏が指摘する。

「特に税制上のメリットが大きいのは、一人あたり年間110万円までの贈与が非課税になる暦年課税制度です。例えば、上限110万円を10年間にわたって子供などに贈与すれば1100万円が非課税ですが、同じ額を一括贈与すると税率30%(控除額90万円)で207万円の贈与税がかかります」

 暦年課税制度を使って、できるだけ死亡時の財産を減らしておけば、相続税の節税メリットも大きくなる。

 ただし注意すべきは“タイミング”だ。贈与者が亡くなった場合、その時点から「過去3年分の生前贈与」は相続財産に持ち戻され、相続税の課税対象になる。

「このため、生前贈与は亡くなる3年前までに済ませておくことです。もちろん、いつ亡くなるかはわかりませんが、長期にわたって計画的に贈与するには、遅くとも70歳くらいから始めておきたい」(橘氏)

「不動産」関連記事

【無料】おうちダイレクトで大手~地元の不動産一括売却査定
【無料】おうちダイレクトで大手~地元の不動産一括売却査定
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FX知識ゼロのOLが他人の取引をコピーしてFXを始めるまで
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。