マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

メガバンクとは桁違いの高金利 地銀の定期預金に要注目

2016年5月9日 7:00 マネーポストWEB

低金利下で地銀の定期預金に注目集まる
低金利下で地銀の定期預金に注目集まる

日銀のマイナス金利政策の影響もあり、普通預金はもとより、長期の定期預金にもほとんど利息が付かなくなっている今、個人の資産運用は難しくなっている。

そうした中で最近では、運用先の有力な選択肢として、「個人向け国債・変動金利10年満期型」(「変動10」)が注目を集めている。利息となる金利が、10年物国債の利回りに応じて上昇あるいは下降することで、将来の金利上昇リスクに対応できるだけでなく、最低利回りが保証されている点も魅力のひとつだ。

ただ、この「変動10」は、すでに多くのファイナンシャルプランナーや、さまざまなメディアで推奨されており、実際、販売も好調となっている。そこで、「変動10」以外で、注目の金融商品を見てみよう。

金融機関の預金金利は軒並み低下したが、実は、現行のマイナス金利下でも、一部の地銀は頑張っている。

例えば、固定ファンが多い、香川銀行の『超金利トッピング定期預金』は、4月時点で0.25%の金利が付いている(期間1年。預入限度額は1人100万円まで)。トマト銀行の『スペシャルきびだんご定期預金』も1年物で0.25%だ(預入限度額は1人100万円まで)。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。