マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

定年直後に免許返納、生涯で1400万円節約できる計算に

2019年4月8日 7:00 週刊ポスト

「仮に60歳の定年後の20年間、車に乗るか乗らないかの違いで考えてみましょう。毎年かかる経費に加えて、20年間ずっと同じ車に乗り続けることは考えにくいので、新車代金200万円のコンパクトカーを10年で買い換えるとする。そうなると車を手放す選択によって、20年間で1400万円もの支出をカットできることになるのです」(同前)

 免許の自主返納により、数年ごとの免許更新にかかる費用や手間を省くこともできる。その上、返納後に受け取れる「運転経歴証明書」を利用すれば、バスやタクシーの利用割引のほか、様々な特典が受けられる(自治体によって異なる)。

 たとえば東京都では、大手百貨店、スーパーなどの自宅への配送無料サービスが受けられる。買い物した品を持ち帰るのに車でなければ不便と思いがちだが、その不安を解消できる可能性もあるのだ。

 免許返納をしないまでも、マイカーの代替手段として「カーシェア」も普及してきた。システムはレンタカーと同様だが、短時間の利用を想定しているため、より安価で使用できる。月6回、1回4時間ほど利用してもかかる費用は月に約2万円。

 単純計算で年間24万円、マイカーがないぶん電車やバスを使うことが出てきたとしても、年間30万円ほどで済ませられるはずだ。自家用車を持つことによる年間50万円の負担とは大きな差が出る。

「車は所有せずに必要な時だけ使う、という考え方にスイッチするだけでも、大きく出費を削減できます。現役世代と違い、定年後は平日に出かけることができるので、休日は枠が埋まりがちなカーシェアを利用しやすいというメリットもあります」(森田氏)

※週刊ポスト2019年4月12日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。