マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

2019年も活況続くIPO市場 初値が公開価格の2倍超の銘柄も続々

2019年4月9日 7:00 マネーポストWEB

2019年も活況が続くIPO市場

 4月から新年度相場がスタートしたが、今後のIPO(新規上場)市場はどのような展開になるのだろうか。投資情報サイト「IPOジャパン」編集長・西堀敬氏が、3月までのIPO市場の動向を踏まえて、今後の見通しを分析する。

 * * *
 2018年のIPO市場を振り返ると、まずIPO件数は90件で着地。全90件で、上場後についた初値が公開価格を上回れば「勝ち」、下回れば「負け」、同値なら「分け」という基準による勝率を見ると、80勝9敗1分けで88.88%となった。

 また、初値が公開価格に対して何%上昇したかという「初値騰落率」を見ても、全90件の平均が106%と2倍を超える高いパフォーマンスとなった。

 その勢いは、2019年に入っても衰えていないようだ。2019年3月までのIPO件数は21件となったが、その勝率は20勝1敗で95.24%、平均初値騰落率は85.52%となっている。

 その中でも、初値騰落率が高かったトップ3を挙げると、1位は3月13日に上場したAmazon Web Services(AWS)のインフラ基盤構築を手がけるサーバーワークス(東証マザーズ・4434)。公開価格4780円に対して1万8000円の初値をつけ、初値騰落率は276.57%と3倍を超えた。

 2位は、PHR(電子的に管理される自らの健康・医療情報)プラットフォームサービス事業を展開するWelby(東証マザーズ・4438)の246.73%。3位は、2019年のIPOの先陣を切った(2月22日上場)、経営・組織コンサルティングなどを手がける識学(東証マザーズ・7049)の157.78%だった。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。