マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

株や投資信託、GW10連休でも慌てて売却する必要はない?

2019年4月12日 16:00

 経済ジャーナリストの和島英樹氏も、長期投資の個人投資家を念頭に次のようにアドバイスする。

「相場環境を見ても世界景気の減速不安は後退しつつあると考えられます。10連休とはいえ、例年の営業日と比較しても4月30日からの3営業日が稼働していないだけですから、必要以上に不安がらなくてもいいのではないでしょうか」

 また、連休中は個別株のみならず、投資信託も売買できないため、「海外で何か起こった時にどうすればいいのか」という不安も頭をもたげる。楽天証券経済研究所のファンドアナリスト・篠田尚子氏はこうアドバイスする。

「基本的に投資信託は長期的に利益を上げていく商品で、購入する投資家も長期保有目的がほとんどです。また、運用するファンドマネージャーが国内外の各市場の動きを注視、臨機応変に運用対象の比重などを入れ替えることでリスクを軽減している。日本市場が連休であっても絶えずリスクヘッジに努めていますし、購入者はそのリスク管理に高い手数料を払っているわけですから、そのまま保有し続ければいいと思います」

 投信の多くは購入・売却時に手数料がかかるので、連休前に売って連休後にまた買うといったやり方は、必ずしも得策とはいえなさそうだ。

※週刊ポスト2019年4月19日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。