マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

気軽な会員登録で無駄遣いも… 「月額サービス」の落とし穴

2019年5月8日 15:00

気軽な反面、使いこなせないと無駄遣いにつながる月額サービス(イメージ)
気軽な反面、使いこなせないと無駄遣いにつながる月額サービス(イメージ)

 最近さまざまな分野で注目される月額会員制サービス。このような収益方式は「サブスクリプションモデル」(通称「サブスク」)と呼ばれ、フィットネスジムやエンタメサービスのほか、スーツやメガネなどの日用品、カーシェアなど、様々な分野で日本全国に浸透しつつある。

 しかし、月額料金を支払うだけで気軽に会員になることができる分、使わないサービスが増えるという側面もあるようだ。ユーザーたちに実際の利用状況をもとに、無駄遣いをしていると感じるサービスを聞いてみた。

動画サービスに毎月計4000円を課金

 大学生4年生の男性・Aさんは、自他共に認めるドラマ・映画好き。ビデオオンデマンド(VOD)と呼ばれる各種動画サービスに加入している。

「『Amazon Prime』、『Hulu』、『Netflix』、『YouTube Premium』の4種類に入っています。総額で1か月4000円ほど。製作費にお金をかけている質が高いオリジナルコンテンツが多いので、満足しています」(Aさん)

 一方で、無駄と感じることも増えてきた。

「どれだけ時間があったとしても、結局全作品は視聴し切れない。いずれかのサービスで、好きな海外ドラマシリーズを一気視聴したとしても、その期間中は別のサービスの作品を観ることはできません。

 他のサービスを楽しんでいる間でも、使っていないサービスには料金が発生しているという事実には変わりはない。また、『Hulu』上で観られる日本のテレビ局関連の作品は、『TVer』では広告付きとはいえ無料で視聴可能です。大好きなプロ野球のシーズンがはじまったので、本当はスポーツ配信の『DAZN』にも加入したいのですが、毎月さらに2000円近くの出費が増えるのは厳しいです」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。