マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

餃子の王将の『中華飯』は何が違う? ファンが語るその魅力

2019年5月5日 13:00

餃子の王将の『中華飯』。スープが付いてくる店舗も

餃子の王将の『中華飯』。スープが付いてくる店舗も

 全国的に人気の中華チェーン「餃子の王将」。定番の餃子やラーメン、炒飯など、魅力的なメニューがたくさんあるが、そのなかでも特に人気が高いのが「中華飯」だ。

「中華飯」とは、白いご飯に五目あんかけが乗った丼飯のこと。「中華丼」と呼ばれることもあるが、餃子の王将では「中華飯」という名称になっている。

 五目あんかけに入っている具は、豚肉、ホタテ、エビ、イカ、白菜、にんじん、きくらげなど。とろみのある中華あんと絡まった具材が、白いご飯にどっさりとのっている。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏が説明する。

「餃子の王将は店舗によって味付けや具材が微妙に異なるのですが、具材がたっぷり入っている点は、どの店舗の『中華飯』でも同じ。丼飯のメニューで、ここまで沢山の種類の具材が食べられるものはあまりないと思います。地域によって価格は異なりますが、基本的には税別500円以下という安さも大きな魅力です」

 餃子の王将の公式サイトによると、『中華飯』の価格は、北海道・東北・関東・信越エリアでは500円(税別、以下同)、それ以外のエリアでは460円となっている。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。