マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

餃子の王将の『中華飯』は何が違う? ファンが語るその魅力

2019年5月5日 13:00

「あんだく」の無料裏メニューも

『中華飯』に入っているエビ
『中華飯』に入っているエビ

 餃子の王将ではもっぱら『中華飯』を注文するという30代の男性会社員・Aさんは、その魅力についてこう話す。

「仕事帰りに王将に行くことが多くて、基本的にビールとつまみ代わりの一品料理、そして飯類もしくは麺類、といった3本柱で注文します。一品料理は餃子や酢豚のジャストサイズメニュー(※ボリュームが少なめで価格が抑えられたメニュー)をよく頼みます。飯類を注文する時は、ほぼ『中華飯』ですね。具材がたくさんあるので、ボリューム感もあるし、しかも安い。コスパもよくて、満足度はすごく高いです」

 同じく王将の『中華飯』のファンだという20代の女性会社員Bさんはこう話す。

「野菜が沢山入っていて栄養バランスが良い気がするし、中華料理の中でも意外と油っこく感じない。あと、王将で定食メニューを頼むと、ごはんがちょっと固めだなあと感じることがあるんですが、中華あんをかけるとちょうどいい固さになるんです。個人的には王将でお米を食べるなら、『中華飯』がいちばんだと思います」

『中華飯』には“あんだく”という裏メニューも存在しているという。

「“あんだく”とは、具材やごはんの量はそのままで、“あん”のみを増やしてもらうサービスです。可能かどうかは店舗によって異なりますが、対応してくれる場合は無料でやってくれます。ボリューム感が欲しいときなどは、“あんだく”もおすすめです」(小浦氏)

 具材が豊富で、ボリューム感もあり、さらに安い『中華飯』。人気メニューとなるのも当然だといえそうだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。