マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

老後は「田舎」に住むか「都会」に住むか 出費が多いのはどっち?

2019年5月23日 15:00 女性セブン

都会と田舎では光熱費&交通費だけで年間約35万円も違う
都会と田舎では光熱費&交通費だけで年間約35万円も違う

 老後の生活において、「都会暮らし」か「田舎暮らし」か、どちらを選ぶかで大きな差が出てくる。都会で忙しく過ごしてきた人は、夫の退職金を利用して、気候がよく、広い家でのんびりと田舎暮らしをしたいと考える人もいる。だが、何も考えずに田舎暮らしを始めると痛い目にあう。64才主婦・金井さん(仮名)が話す。

「都心にアクセスのよいベッドタウンで、建て売りの小さな一戸建てに住んでいました。子供2人も独立し、夫が定年退職したのを機に、田舎の広い家に移り、趣味の園芸を楽しみながらゆっくり暮らしたいと考えました。そして2年前、家を売ったお金で、思い切って神奈川の湘南に家を購入。海の見える街で、地価が安い分、これまでより広い家で、憧れの田舎暮らしを始めました。

 でも、引っ越してすぐに夫ががんを患い、現在は病院と自宅を行ったり来たりする生活を送っています。自宅からバス停や駅までは歩いて35分、運行本数も限られるうえ、車の免許も持っていないため、病院に通うのに往復2時間かかります。スーパーに行くにも40分はかかります。頻繁にタクシーを使うわけにもいきません。今では考えが甘かったと、後悔しています」

 憧れの田舎暮らしのはずが、まさかこんな事態になろうとは…。実際のところ、「田舎」と「都会」、どちらで暮らすのがよいのか。介護ジャーナリストでオールアバウトガイドの小山朝子さんが話す。

「都会暮らしに慣れた人が地方で暮らすのは想像以上に大変です。夫婦のどちらかが病気になったり介護が必要になったりすれば、かえって苦労したり、お金がかかることも。たとえば、山間部や過疎地では大きな病院が遠かったり、介護ヘルパーが訪問する事業所が近くにない地域もある。都心部の家は売れることがあっても、地方の家は買い手が見つかりづらいでしょうから、相応の覚悟が必要です」

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。