マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

70%の企業で導入 上司・部下の「1on1ミーティング」の実態

2019年5月20日 16:00

 同じくIT企業に勤める20代男性・Bさんも上司との1対1面談を行っている。しかしBさんは、その内容に不満も感じているという。

「悩みや相談がある時にはよいのですが、順調な週も多い。その時は形式だけ面談して、2分、3分で終わります。また、上司が仕事で忙しい時などは、1分、2分ほどで無理矢理終わらせられることも……。話したという既成事実だけを作って、マネジメントをした気になっているとしたら、本末転倒です。

 同僚とも、上司とどんな話をしたのか、共有し合います。そこで、同僚女性の1on1の時には、プライベートまで踏み込んだ楽しそうな話をしたことなどを聞くと、部下の好き嫌いで扱いを分けているのではないか、とモヤモヤした気持ちになります」(Bさん)

 転職し、管理職になったばかりの30代男性・Cさんは、かつて自身が役職者になる前は、上司と1対1で面談することに意味を見出せずにいたと明かす。

「以前の職場では、上司と業務外の会話をする機会は月に1回あればいいぐらい。話すことといえば社内での噂話がほとんどで、成長につながるようなアドバイスをもらうこともありませんでした。正直上司と話すのがイヤだったので、なるべく時間をともにしないように工夫していたくらいです」(Cさん)

 Cさんが転職した企業でチームを任されるようになると、まず導入したのが1on1だった。

「会話量を増やさないと、上司と部下との関係が機能不全になる。お互いの考え方の違いを埋めないと、部下の気持ちが離れて、取り返しのつかない状態になる。前職での失敗を活かして、まずは部下と会話する機会を増やしています。プレイングマネージャーとして業務に追われることも多いですが、週一度部下の業務進捗や悩みを聞いて、ズレを細かく軌道修正しながら、チームとしての競争力を上げて行こうと思っています」(Cさん)

 週に一度は時間を作り、互いに向き合う1on1ミーティングは、今後も様々な企業で導入が進んでいくと思われる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。