マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

FX億トレーダーがクロス円を取引するうえで心がけること

2019年6月7日 20:00

FX億トレーダーがクロス円を取引する際に気をつけることは?
FX億トレーダーがクロス円を取引する際に気をつけることは?

 FX(外国為替証拠金取引)におけるユーロ円やポンド円といった「クロス円」は、値動きがドル円よりも激しいこともあり、日本の個人投資家から人気を集める。FXで億単位の利益をあげているカリスマ主婦トレーダーの池辺雪子さんは、クロス円の取引にはマーケットを俯瞰することが重要という。直近の見通しとあわせてクロス円相場の向き合い方を解説する。

 * * *

 米中貿易摩擦の再燃により、株式市場は下落基調に転じ、為替相場も円買い圧力が強まったことで、クロス円は下落しました。

 クロス円に大きな影響を与えるドル円相場をフィボナッチリトレースメント(以下フィボナッチ)というテクニカル指標を用いて見ていきましょう。フィボナッチは上昇相場における押し目価格、下落相場における戻し目価格の目安を割り出すことができるテクニカルツールです。

 ドル円は年初の安値1ドル=106.175円から1ドル=112.41円まで上昇した「約6円幅」に対して61.8%押した価格を割り込んできました(価格はくりっく365に基づく、以下同)。執筆時点では76.4%押した価格付近で推移しています。

 ドル円と連動しやすい日経平均株価もフィボナッチで分析すると、昨年末の安値19029円から戻り高値22525円まで上昇した「約3500円幅」に対し61.8%押した価格で、下落は止まりました(価格はくりっく株365に基づく)。下押しが一旦落ち着いたのは、日銀によるETF買い入れが直近は連日行われていたことも、影響しているかもしれません。

「FX」関連記事

少額・簡単にFX自動売買を始められる「トライオートFX」を紹介
最新のFX自動売買を9選! 儲かる投資家の秘訣とは?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。