マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

退職金が入った瞬間に考えるべき「いくら投資に回すのか」

2019年6月22日 11:00

定年後の資産運用で気をつけるべき点は

定年後の資産運用で気をつけるべき点は

 サラリーマンが定年退職を機に手にする退職金。これまで手にしたこともないようなまとまったお金だけに、その使い途に頭を悩ませる人は少なくない。

 2年前に大手メーカーを退職した鈴木さん(62・仮名)は投資に熱心な友人から勧められたこともあって、2000万円の退職金のうち100万円を使って数銘柄の株式を購入した。

「長期保有向きだと説明を受けたのですが、チャートを見るたび右肩下りで毎日不安です」(鈴木さん)

「退職金」というまとまったお金が入った瞬間にこそ考えなければいけないことがある。「手元資金のうち、どのくらいを投資に回すか」というポイントだ。前出・鈴木さんも、「調子に乗っていきなりもっと多額の資金を投じていなくて本当によかった」と振り返る。くじらやFPオフィス代表の日野秀規氏が指摘する。

「大原則として、投資に回すのは“目減りしても許容できる範囲のお金”にするのが賢明。各種統計や調査から推計すると、概ね1300万円程度は医療費や介護費など、“なくなると本当に困るお金”と考えられます。退職金と定年までの貯蓄の合計が1300万円を上回る部分を余裕資金と考えて投資に回すことを検討するとよいでしょう。

 分散投資が基本で、余裕資金が数百万円程度なら、大きなリターンは望まずリスクを抑えることをより優先する。1000万円超の余裕資金があって初めて、比較的値動きの大きい金融商品が選択肢になってくる」

 過去に手にしたことのない大金が入ってくるからこそ、浮き足立たずに冷静な検討が必要だろう。

※週刊ポスト2019年6月21日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。