マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ボリューム満点「抹茶どら焼き」食べ比べ、セブンとローソンどっちを選ぶ?

2019年6月23日 13:00

左からローソン『どらもっち(宇治抹茶&ホイップ)』、セブン-イレブン『たっぷり抹茶クリーム生どら焼』

左からローソン『どらもっち(宇治抹茶&ホイップ)』、セブン-イレブン『たっぷり抹茶クリーム生どら焼』

 今年の春から夏にかけて、数多くの抹茶スイーツを発売しているセブン-イレブン。そのラインナップを見ると、『抹茶&抹茶パフェ』(300円、税込み、以下同)、『宇治抹茶クリームもち(3個入り)』(118円)、『宇治抹茶ガトーショコラ』(213円)などで、特にインパクトが強いと評判になっているのが『たっぷり抹茶クリーム生どら焼』(300円)だ。コンビニグルメに詳しいフリーライターの小浦大生氏が説明する。

セブン-イレブンの『たっぷり抹茶クリーム生どら焼』

セブン-イレブンの『たっぷり抹茶クリーム生どら焼』

「抹茶クリームをどら焼きの生地で挟んだスイーツなんですが、とにかくクリームの量がすごい。通常のどら焼きであれば、中の餡となる部分はほとんど見えないか、ちょっと見えるくらいですが、この『たっぷり抹茶クリーム生どら焼』は完全に抹茶クリームの部分が見えています。見えているどころか、プリンやババロアのような感じで抹茶クリームがあり、そこにどら焼きの生地が乗っているというイメージ。スプーンやフォークがないと食べられないので、どら焼きというよりもケーキに近い感覚です」

 そんな『たっぷり抹茶クリーム生どら焼』を、マネーポストのコンビニグルメ担当記者Aが実際に食べてみた。

「まず、抹茶クリームの厚さは4cmくらいでした。体積的には、余裕で小さめのプリン1個分くらいはありそう。これは本当にすごいボリュームです。

 クリームの味の方はというと、しっかりとした苦味があり、甘過ぎもせず、『抹茶感』は強いと思います。またどら焼きの生地は、パンケーキに近い感じ。一般的なあんこのどら焼きの生地よりも、弾力性があります。全体的なボリュームは想像以上で、ほとんどケーキです」(記者A)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。