マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

居酒屋チェーン『金の蔵』『東方見聞録』、低価格路線失敗の末路

2019年7月3日 7:00

居酒屋の低価格路線への転換は茨の道か

居酒屋の低価格路線への転換は茨の道か(イメージ)

 飲食チェーンは栄枯盛衰が激しい。とくに近年、店舗数を増やしているのが、立ち食いスタイルで低価格のステーキが味わえる『いきなり!ステーキ』だ。2013年12月に東京・銀座に1号店をオープン。6月19日現在では、全国に466店を構える。昨年6月末時点では276店だったから、このわずか1年で190店も爆発的に増やした。

 ラーメンチェーンの『幸楽苑』は、経営効率が落ちるとされる「600店舗の壁」に近づいた2017年3月期(当時542店舗)に赤字に転落したが、全体の1割弱にあたる52店舗を閉店し、その一部で別フランチャイズの『いきなり!ステーキ』の経営を始めてV字回復を果たした。“奇策”が功を奏したのだ。

 対照的に、戦略の転換がうまく行かなければ、縮小を余儀なくされる。

 外食業界に詳しいジャーナリストで『居酒屋チェーン戦国史』などの著書がある中村芳平氏が「戦略転換の“失敗例”」と指摘するのが、居酒屋チェーン『金の蔵』や『東方見聞録』を展開する三光マーケティングフーズが実施した「全品270円均一」への転換だ。

「2008年9月のリーマン・ショックを契機に居酒屋離れが起こり、3000円以上だった客単価を2000円前後にまで引き下げるべく導入しました。『全品270円均一 金の蔵Jr』などに屋号を変え、居酒屋業界に空前の“低価格均一戦争”を仕掛けました。

 しかし、低価格食材の調達には困難が伴い、2011年頃には『全品270円均一』の看板を下ろさざるを得なくなった。厨房の機械化、タッチパネル注文などの導入により、少人数化しようとしたこともうまく機能しなかった」

 2008年6月末時点に54店舗を展開した『東方見聞録』は、現在3店舗に縮小(6月19日時点、29日に4店舗目をオープン予定)。『金の蔵』もピーク時(2012年6月期)の79店舗から、63店舗になっている(6月19日時点)。

※週刊ポスト2019年7月5日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。