マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

普及し始めた「セルフレジ」に並ぶ人と並ばない人 それぞれの主張

2019年6月30日 15:00

 20代の女子大学生・Bさんは、あるファストファッションブランドのセルフレジを利用する。同社の商品には、ICタグが埋め込まれており、セルフレジ下にある専用ボックスに入れることで、自動で料金計算がされる。決済後、客が自ら梱包するという仕組みだ。それに慣れると、他のファストファッションのレジがもどかしく感じるようになったという。

「やたらとアプリ会員証の有無を聞いてきたり、とにかく服を丁寧にたたんでくれる。ありがたい思う反面、そもそもファストファッションにはそこまでのサービスを求めていないのにな、と思うことも」(Bさん)

使ったことがない人は「間違えるのが怖い」

 セルフレジが普及する一方で、利用に抵抗感を感じている人も存在する。50代の主婦・Cさんは、セルフレジの普及自体には理解を示すものの、自身の利用には慎重だ。まだまだ不安が多いと語る。

「スーパーではまとめ買いをするので、どうしても一度に買う量が多くなってしまいます。一人でセルフレジを使うと、どうしても時間と手間がかかりそうだし、操作を間違えると後ろの人にも迷惑がかかってしまいそう。手際もよくて、レジの操作になれた店員さんにやってもらった方が安心感があるので、まだまだセルフレジはハードルが高いです」(Cさん)

 若年層を中心に愛好者が増えている一方で、抵抗感を持つ年配者は少なくないだろう。今後の普及にあたっては、そういった層の不安を払拭する試みも重要になりそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。