マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

飲食店の無断キャンセル問題 尻ぬぐいが“良質な客”にも及ぶカラクリ

2019年7月21日 16:00 女性セブン

 店側の被害は相当に大きいが、その被害は店側だけでなく、実は消費者側も負っている、という点も見逃せない。レポートにはこんな記載もある。

《有名店の予約を試みたが、満席のため予約ができなかった。しかし、実際には、他の顧客がNo showをしたため、空席が生じていた》

《取引先を接待するために、席のみを予約した。取引先の好みや希望に合わせて、料理をその場で決められるよう考えていた。しかし、席のみ予約はNo show率が高いという理由で飲食店がコース料理しか予約を受け付けておらず、取引先を“おもてなし”できなかった》

《一定の確率で生じるNo showによる被害額を補填するため、飲食店がメニューの価格に被害額を転嫁しており、本来よりも高い料金を支払っていた》(一部抜粋)

 レストランの予約・顧客管理システムを飲食店に提供している『テーブルチェック』社の仁木有花さんが語る。

「無断キャンセルが発生すると、店は一方的に損害を受けてしまいます。結果、店側が泣き寝入りをするか、損失分をあらかじめ価格に上乗せするなどの対策を講じる必要があります。つまり、マナーの悪い客の尻ぬぐいを、良質なお客様や店側が負担することになるかもしれないのです」

※女性セブン2019年7月25日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。