マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

無断キャンセルに悩む飲食店を救う「顧客管理」という名のブラックリスト化

2019年7月23日 7:00

テーブルチェックの「台帳システム」画面

テーブルチェックの「台帳システム」画面

 近年、飲食店を悩ませ続けている「無断キャンセル」問題。予約を入れたものの、行けなくなってしまった然るべき理由があって、事前にそれを伝えていれば、店側もそれなりの対応ができる。が、近年急増しているのは、悪質な「ドタキャン」「バックレ」だ。

 飲食店員が客のいないところで交わす「No show(ノーショー)」という言葉は、「姿を現さない」という意味で「キャンセル客」を指す。経済産業省の『No show(飲食店における無断キャンセル)対策レポート』によると、当日の無断キャンセルが飲食業界全体に与えている損害額は、年間で約2000億円。さらに、通常の予約のうち、1日前、2日前に生じるキャンセルも加えると、その発生率は6%強に達し、被害額は約1.6兆円に及ぶ、と推計されている。

 こうした無断キャンセルの軽減に一役買い、飲食業界で話題になっているのが、レストランの予約・顧客管理システムを飲食店に提供している『テーブルチェック』社が開発・提供するネット予約・顧客管理のための台帳システムだ。

 写真が実際の台帳画面だ。台帳には、客の好きな食材、苦手な食材、アレルギー、誕生日や記念日、来店回数等々の詳細な情報が記載されている。予約時や会計時に得た情報を基にデータは随時蓄積され、より適切なサービスの提供に役立てられている。

 このシステムが無断キャンセルの軽減に有効性を発揮する要因は3点ある。1点目は、予約内容によってはクレジットカード情報の入力が必要になることだ。それによって導入店では「ノーショーがほぼゼロになった」というケースもある。

 2点目が、ショートメッセージやメールによる予約リマインド機能だ。予約の前日にショートメッセージや確認メールが自動送信されるため、客は「うっかり忘れ」を防ぐことができる。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。