マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

蕎麦屋の秘伝の味付けを盗んだ従業員を罰することはできるか

2019年7月26日 15:00

従業員に味付けを盗まれてしまった…(イメージ)
従業員に味付けを盗まれてしまった…(イメージ)

 長い歴史を持つ会社にとって、長年の歴史で培ったノウハウは会社の宝。飲食店でもそれは変わらない。父親が苦労して作った秘伝の味付けを盗んだ従業員がいた場合、罰することは可能か? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 父から受け継いだ蕎麦屋を経営。多くのお客様が父の作り上げた味を愛してくださり、足を運んでいただいています。ただ、問題なのはその味付けで、レシピを文章化しているのですが、どうやら辞めた従業員が盗み、他店で活用しているようなのです。そのレシピを利益としている点を罪として問えませんか。

【回答】
 味覚で判断する味付けから、レシピの模倣と断定できるか難しいと思いますが、仮にそうだとしても、よい味が真似されるのはやむを得ません。なぜなら、模倣によって食文化は発展してきたからです。

 なので、特許がない限り、独占はできません。また、従業員が働いている間に覚えた味付けや調理法は、その従業員の財産。習得した技能を活かして競業店に移ることも、職業選択の自由の一つ。

 とはいえ、先代が努力して完成させた味付けです。事業者が辛苦して得た情報は敬意をもって大切に保護されるべき。野放図に、ただ乗りを許すと新しい開発意欲もそがれます。そこで不正競争防止法が生産方法、販売方法、その他事業活動に有用な技術上、または営業上の情報であり、公然と知られていない情報で、秘密として管理しているものを「営業秘密」と定義、保護しています。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。