マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

帰省時に実家の老親に「墓」「葬儀」の意向を聞き出すコツ

2019年8月10日 15:00 週刊ポスト

 葬儀以上にトラブルの種となりやすいのが墓だ。管理や処分に費用がかかるため、親の死後に兄弟間の「押し付け合い」が起きやすい。

「まずお墓の場所や菩提寺を確認しておくことが第一です。そして大事なのがお墓の『継承者』についての話し合いです。お墓や仏壇は『祭祀財産』と呼ばれ、不動産や預金などと違って継ぐ人は原則ひとり。必ずしも長男が継承するものとは限りません。そのため揉めることも多く、親の生きているうちに家族で確認しておいたほうがいい」(同前)

 また、実家に犬や猫がいる場合は「ペットの処遇」についても今から考えておく必要がある。

 内閣府の調査では、60~69歳の3人に1人、70歳以上の4人に1人が何らかのペットを飼っており、「飼い主に先立たれたペット」が行き場を失い、社会問題化している。

 いざというときのためにペットの病気やかかりつけの動物病院を把握しておくことが望ましい。また「誰が世話を引き継ぐのか」も相談しておくべきテーマだ。

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。