マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

森繁久彌さん仰天の遺品と相続の苦労 ヨット、無人島、ゴルフ場…

2019年8月13日 7:00

森繁久彌さんの遺品はスケールの大きなものばかりだったという(写真:時事通信フォト)

森繁久彌さんの遺品はスケールの大きなものばかりだったという(写真:時事通信フォト)

 昭和の芸能界を代表する大スター森繁久彌さん(享年96)。映画や舞台などで幅広く活躍し、大衆芸能分野で初めて文化勲章を受章した大物が残した数多くの遺品は、さすがのスケールだった。

 2009年11月に森繁さんが逝去した際、長男はすでに他界しており、長女は嫁いでいたため、次男の建さん(76才)が遺産を相続した。数ある遺品のなかでも際立ったのが「ヨット」だ。

「もともと父はヨットが好きで、1964年に東京五輪に合わせて建造した『ふじやま丸』は全長21.5m、重さ54tで個人所有としては今も日本最大。総工費は当時で約1億円したそうです。

 その前年、佐島マリーナという名前のヨットハーバーを横須賀(神奈川)に造ったんですが、『ふじやま丸』が大きすぎてハーバーに入らず、ハーバーの外にヨットを停留させていた(苦笑)。その後、何度か船の買い替えをして、最後に買った約18mのモーターヨットは2億円でした」(建さん)

 ヨット好きが高じた森繁さんが続けざまに購入したのは「無人島」だった。

「香川県にある兜島のうち、人が住める4000坪だけを所有しています。ほかに個人で所有している人もなく、森繁家だけが利用する島です。よく東京からヨットで7日かけて家族みんなで兜島に向かい、昼は島で遊んで夜は船内に泊まっていました。父は途中寄港した港で船を降りて仕事をして、それが終わると別の港からまた船に乗り込んでいました」(建さん)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。