マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

飲食店激戦区のとあるバー、ダメ店主を救った救世主のような客

2019年8月14日 16:00

ダメ店主を経営の危機を救ってくれた常連客とは?(イメージ)
ダメ店主を経営の危機を救ってくれた常連客とは?(イメージ)

 飲食店業界はとにかく競争が激しい世界。「若者のお酒離れ」が進み、不景気も続く今、とりわけ商売が難しいのが「バー」ではないだろうか。しかし、立地的にも不利な条件にあるバーが、長く営業を続けている例は少なくない。

例えば、都内の某繁華街にあるバー『R』は、「飲食店の超激戦区」「雑居ビルの2階の奥まった場所」「外から店内が一切見えない」「店主は強面」など、不利な条件を多数抱えながら、すでにお店は7年目を迎えたという。

 店主のTさんは現在30代。学生時代にバーでバイトをするうちに、自分の店を持ちたいという夢を抱き、大学卒業後もそのままバイトとして働き続け、6年前にようやく独立を果たした。オープンしたのは修業先から徒歩数分の場所。オープン当初の客は、修業先の常連ばかりだった。オープン時からRに通うYさんがいう。

「オープンしたばかりの頃は、元バイト先の店長が『Tが近所に店を開けたから、良かったら行ってやって欲しい』と常連に宣伝し、順調なスタートを切りました。しかしTは、知り合いが来ると、一緒にチョビチョビと飲み始めてしまい、酔っ払って勘定が適当になってしまうような愛すべきダメ男です。あっという間に経営状況はマズいことになりました」(Yさん。以下「」内同)

 ほどなく元バイト先では、「Rがいつ潰れるか」が酒の肴になり、“Xデー”の到来も間近かと思われたが、Tさんの適当さが逆に人を呼び込むことになる。

「Tは細かいことをゴチャゴチャと言わない男で、誰かが誕生日のケーキを持ち込めば、黙って皿とフォークを出してくれますし、『店でDVDが見たい』と言えば、BGMを消して店内のモニターで流してくれます。大人数で長居をしても、席に余裕があれば一切何も言いません。そういった居心地の良さが好まれるようになり、とりあえず閉店の危機は脱しました」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。