マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

マイカーよりカーシェア 年間40万円以上コストを圧縮できる

2019年9月26日 16:00

駐車場台も車検費用もかからない(写真:時事通信フォト)

駐車場台も車検費用もかからない(写真:時事通信フォト)

 仕事をリタイアしたり、定年後の再雇用で収入が大きく減ったりした時、「お金の不安」が顕在化する。わかりやすいのが、毎月減っていく預金通帳の残高だ。

 総務省の家計調査によれば、夫65歳、妻60歳の世帯の平均的な家計の収支は、「毎月約5万円の赤字」である。そのぶんは貯金を取り崩す必要があり、人生100年時代を前提にすると、「老後資産は年金だけでは2000万円不足する」とした金融庁の報告書が大きな波紋を広げた。

 ただ、逆にいえば「毎月5万円の赤字」を圧縮できれば、定年後も貯金を減らさずに過ごせるのだ。平均的な支出が毎月約26万円(前掲報告書)の家計から、月5万円を捻出するのは困難に思える。しかし、ファイナンシャルプランナーの丸山晴美氏はこういう。

「“これは削れないお金”という先入観があるだけで、60代以降の家計には、簡単に圧縮できる支出がたくさんある。支出を削るというと、質素な倹約生活を強いられるイメージがありますが、生活水準を落とさずにできる工夫もたくさんあります。楽しみながら支出削減に取り組むことは、十分に可能だと思います」

 具体的な方法を以下に解説した。プロの指摘をもとに、自身の家計にもある「本当は払わなくてもいいお金」を炙りだし、それぞれの方法で「月5万円」を捻出していくことが肝要だ。

レンタル生活はこんなに楽でお得

 消費増税の影響は、高額な買い物になるほど大きい。それゆえ、これからは「買う」という行為自体を見直すことも考えたい。

 前出の丸山氏は「無理にローンを組んだり、貯金を取り崩してまで物を購入する必要はありません」と発想の転換を訴える。

「物を買って所有することは、常にコストやリスクが付きまといます。私は欲しいものがあったら、まずはレンタルできないかを調べることにしています」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。