マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

回転寿司でサイドメニューに力を入れる店舗が増えているワケ

2019年11月26日 15:00

回転寿司での「賢い注文方法」は?(Getty Images)

回転寿司での「賢い注文方法」は?(Getty Images)

「1皿100円」のリーズナブルさで老若男女を問わず人気を集める回転寿司は、外食産業の中でも「原価率(価格に占める材料費の割合)」が高い業態として知られている。著書に『回転寿司の経営学』(東洋経済新報社刊)がある評論家・米川伸生氏が指摘する。

「他ジャンルの飲食店の平均原価率は30%以下が当たり前ですが、回転寿司店は生鮮食品を扱うため、原価率は50%程度と高くなる」

 近年「サイドメニュー」に力を入れる店舗が増えているのは、「全体の原価率を下げる取り組みの1つ」だと米川氏はいう。

「サイドメニューを出すのは、100円の寿司だけを食べられては儲からないからです。原価の高いネタでは諸経費を加えると1皿5~10円程度しか儲からないが、100円の味噌汁の原価は10円程度のため利益率が高い。

 390円のラーメンを食べてもらえれば100円以上の利益が出る。デザートのバリエーションを増やしているのも、子供たちを喜ばせるだけでなく、寿司よりも利益率が高いという理由がある」

 アルコールも原価が安く、店側の儲けが大きくなるという。

「生ビール1杯500円程度で提供すれば、お寿司を5皿食べてもらうよりも利益は格段に出ます。チューハイやハイボールはさらに利益率が高い。ただし、回転寿司は、客の回転率を上げることで儲ける仕組みなので、あまり長居されたくないのもホンネ。アルコール類を高すぎず、安すぎない値段に設定するお店が多いようです」(同前)

 回転寿司探究家の柳生九兵衛氏は、回転寿司での「賢い注文方法」を教えてくれた。

「“本日のおすすめ”や“◯◯産”などの情報が毎日更新される手書きのメニュー表があれば、常に旬で新鮮なネタを仕入れるこだわりがある店だと言え、良いネタが安く食べられるはずです。また、1皿の価格が100円、120円、150円、200円……のように小刻みに値段設定が分かれていれば、適正な原価率で売っている良心的な店だと言えるでしょう」

 原価のカラクリを知れば、“一味違った”楽しみ方ができそうだ。

※週刊ポスト2019年11月29日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

FXトラリピ最強トレーダーの2020年一押し通貨ペアとは
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。