マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

出玉制限の影響は? パチスロファンが模索する6号機時代の打ち方

2019年12月23日 15:00

パチスロ5号機の撤去でいよいよ6号機時代へ(イメージ)

パチスロ5号機の撤去でいよいよ6号機時代へ(イメージ)

 出玉性能がマイルドになった「6号機」と呼ばれる新機種の時代が、本格的に到来しつつあるパチスロ界。この12月には、『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』、『アナザーゴッドハーデス -奪われたZEUSver.-』などといった人気の5号機が、ホールから姿を消している。パチスロに詳しいフリーライターの藤井夏樹氏が説明する。

「依存症対策などを目的として、パチスロの射幸性(ギャンブル性)は低下傾向。その一環としてパチスロの新機種の出玉性能に関するルールが改正され、昨年9月から『6号機』と呼ばれる機種が登場するようになりました。6号機では、出玉獲得の可能性が高くなるゲームの区間(有利区間)が最大1500ゲーム、一撃で獲得できる最大出玉が2400枚と制限されていて、その結果“大勝ちできない”ということで、あまり人気がないんです。

 一方、5号機は基本的に設置から最大6年経過したら撤去しなくてはならないというルールになっているのですが、5号機の人気機種の多くが、今年から来年にかけてその撤去期限を迎えます。そして、特に人気が高かった『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』、『アナザーゴッドハーデス -奪われたZEUSver.-』は今年12月中旬で撤去期限。一部の地域をのぞいて、ホールから姿を消すことになっています」

 人気の5号機が打てなくなった6号機の時代に、ファンたちはパチスロをどう楽しんでいるのだろうか。実際にパチスロファンに話を聞いた。

負けないために勝率を高める打ち方を研究

 30代のフリー編集者の野村さん(仮名)は、比較的時間に融通がきく職業ということもあり、平日朝から夜までパチスロを打つことも少なくないという。

「去年くらいまでは、いわゆる“設定狙い”で打つことが多かったです。朝イチから入店して、高設定が入ってそうな台を打つというやり方です。よく打っていたのは、『バジリスク絆』や『ハーデス』などです」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピ最強トレーダーの2020年一押し通貨ペアとは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。