マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

大学入試センター試験の試験会場で起こった笑えないトラブル集

2020年1月13日 15:00 週刊ポスト

問題配布が遅れ3886人が再試験の対象者に

2012年は問題冊子の配布に手間取り開始時間が遅れるハプニングが多発
2012年は問題冊子の配布に手間取り開始時間が遅れるハプニングが多発

 2012年、地理歴史と公民の受験方法が変更され、問題冊子が2冊になったため、配布に手間取り開始時間が遅れるハプニングが多発。試験前の説明に時間が掛かったために開始が遅れたケースなども含め、全国123会場7515人の受験生が影響を受けた。

 試験監督官のマニュアルに2冊同時配布が明記されていなかったため混乱が生じ、他のトラブルを含めた再試験の対象者はなんと3886人に。過去最多だった2008年の3倍以上もの数になった。同年は、他にもミスが連発したため、大学・高校関係者、弁護士、危機管理の専門家など8人で構成される検証委員会が設置されたほどだった。

●イラスト/トーマス・オン・デマンド(アスタリスク)

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。