マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

回転寿司店のアルコール類 格安居酒屋より高く設定されているワケ

2020年1月23日 16:00

回転寿司店の原価のカラクリは?(イメージ)
回転寿司店の原価のカラクリは?(イメージ)

 1皿100円の回転寿司の平均的な客単価は1000円程度と言われている。もちろんネタによって原価率は異なるため、店側は原価の高いネタと安いネタを組み合わせて利益を出す“粗利ミックス”という手法を駆使して儲けを出している。

 飲食店経営に詳しい調達・購買業務コンサルタントの坂口孝則氏がいう。

「鮮魚の赤身、白身、ボイルした加工品、巻物やマヨネーズを使ったネタなど、とくにファミリー層は幅広いネタを注文する。そのなかに原価率の高いネタと低いネタがうまく組み合わさっていて、客単価1000円以上なら利益がしっかり出る。

 たとえば、それぞれ定価100円の『たまご』の原価は約15円で、『ツナサラダ』は原価約20円。一方、定価100円の『まぐろ赤身』の原価は約75円。このように、原価が高いものと安いものが回転寿司店では混在している。客側は原価率の高いネタを食べて満足度が高くなり、店側は原価率の低いネタも注文してもらうことで、儲けが出しやすい」

 とくに「期間限定のキャンペーン商品」は採算度外視で提供されるため、客にとっては満足度が高いネタになるという。

「“カニ”や“フグ”などの高級食材を使ったフェアは狙い目。店側はスケールメリットを活かし相場より安く仕入れているものの、レギュラーメニューより原価率ははるかに高い。客側は旬のネタを安く食べられるわけです」(回転寿司評論家・米川伸生氏)

 一方、白身魚のネタは、原価率は高くないものの店側にとってコストの高いネタだ。

「タイやハマチなどの白身魚は皮を引いた時点で鮮度が落ちてしまう。注文が入りレーンに流す直前に包丁を入れるため、人的コストのかかるネタとなる」(同前)

 ファミリー層が多い郊外型店舗では、1日5回転が理想とされている。そのため、「ドリンク類の利益率は寿司ネタより高いものの、居酒屋代わりに使われて長居をされると回転率が落ちる。そこで、回転寿司のアルコール類は他の格安チェーンよりは高い水準に設定されている」(同前)という。

“回転寿司飲み”のコスパは決してよくないということだ。

※週刊ポスト2020年1月31日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。