マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

大手飲食チェーンの儲けのカラクリ 「粗利ミックス」とは?

2020年1月22日 7:00

回転寿司では原価率の高いネタと低いネタがうまく組み合わさっている(イメージ)
回転寿司では原価率の高いネタと低いネタがうまく組み合わさっている(イメージ)

 1皿100円の回転寿司、全品200円台での均一価格居酒屋、1000円台の飲み放題プラン……大手外食チェーンの価格設定を見て、「これで儲けが出るのだろうか?」と不思議に感じることは少なくない。

 もちろん、損を出してまで商品を売る店などない。飲食店経営に詳しい調達・購買業務コンサルタントの坂口孝則氏は、「商売ですから店も利益を出せるように工夫して考えています」と説明する。どんな格安チェーンにも、“儲けのカラクリ”が必ずあるのだ。

 では、メニューの価格はどのようにして決まるのか。

「飲食店の原価率(価格に占める食材費の割合)は30%が目安とされています。他に人件費が30%、家賃や設備費などの経費が30%かかり、残り10%が店の利益となるのが一般的です」(同前)

 ただし、メニューのすべてが一律に「原価率30%」というわけではない。「ライバル店に負けないように、仕入れ値の高い生ビールがあえて安く設定されたり、“安くてうまい”と評判になるように目玉商品を利益度外視で提供する戦略がある」(大手居酒屋チェーン関係者)のだ。

 つまり、大手飲食チェーンほど、原価率の高いメニューと低いメニューの両方をバランスよく注文してもらえるように考えられている。結果として、全体の原価率が30%前後になるよう工夫する手法は“粗利ミックス”と呼ばれる。

「その典型例といえるのが回転寿司です。鮮魚の赤身、白身、ボイルした加工品、巻物やマヨネーズを使ったネタなど、とくにファミリー層は幅広いネタを注文する。そのなかに原価率の高いネタと低いネタがうまく組み合わさっていて、客単価1000円以上なら利益がしっかり出る。

 客側は原価率の高いネタを食べて満足度が高くなり、店側は原価率の低いネタも注文してもらうことで、儲けが出しやすい」(前出・坂口氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。