マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

丸亀製麺とはなまるうどんを比較 どっちのメニューがお得?

2017年8月16日 16:00

トッピングで様々な楽しみ方ができるセルフ式うどん

トッピングで様々な楽しみ方ができるセルフ式うどん

 いまや和食系ファストフードの定番となったセルフサービス式のうどんチェーン。そのなかで、特に店舗数が多いのが『丸亀製麺』と『はなまるうどん』だが、両チェーンのうどんの価格がどれくらい違うのか。そこで、最安値メニューに注目して比較してみた。

 まずは『丸亀製麺』。うどんメニューのサイズは、「並」「大」「得」の3種類で、最安値メニューは、「ぶっかけうどん・並」「かけうどん・並」「ざるうどん・並」の290円。一方、『はなまるうどん』のうどんメニューは、「小」「中」「大」の3種類でそれぞれうどん1玉、2玉、3玉という量。最も安いのは「かけ・小」の130円だ。

『丸亀製麺』と『はなまるうどん』で最安値メニューの価格が倍以上も差があるが、『丸亀』の並は260gくらいで、『はなまる』の小は200gくらいといわれており、単純に比較できるものではない。ちなみに、『はなまるうどん』の「ぶっかけ・小」「ざる・小」は300円であり、こちらについては「並」で290円だった『丸亀製麺』のほうが、多少割安といえるかもしれない。

『丸亀製麺』の天ぷらは「さつまいも天」「かぼちゃ天」の100円が最も安い。『はまなるうどん』のトッピングでは『鶏の唐揚げ』が100円で最も安く、天ぷらであれば『ちくわ磯辺揚げ』『いか天』『さつまいも天』が110円で最安値だ。トッピングの価格帯にはそこまで大きな差はない。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。