マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

給与未払い問題、「違法天引き」を見抜く給与明細のポイント

2020年1月31日 7:00

 そのほかに注意したいのが「控除」欄だ。光嶋さんが続ける。

「公的保険料や源泉所得税・住民税は給料から天引きしても問題ありませんが、それ以外に『〇〇会費』『〇〇使用料』などの名目で給料が引かれていた場合は、違法な天引きである可能性があります」

 残業時間の“数え方”にも気を配る必要がある。残業代は1分単位で計算しなければならないので、分数が刻まれていない場合は細かい部分を切り捨てている可能性がある。

 そんな時は、タイムカードのコピーがあれば細かい実働時間を計算することが可能だが、残業代を正しく払わないような会社では、「タイムカードは所定の時間に打刻するように」などと公然と申し送りしていることがある。どうすればいいのか。労働法に詳しい渋谷共同法律事務所の萩尾健太弁護士が指摘する。

「労働時間は、勤め先の店舗が開店したり、具体的な仕事が開始した時間ではなく、制服に着替えたり準備をする時間、仕事後の片付けの時間も含まれます。明らかにタイムカードよりも労働時間が長いと感じる場合は、自身で出退勤時間をメモしたり、職場の時計を出退勤時にスマホで撮影しておくことをおすすめします。デスクワークなら、パソコンを立ち上げた直後と帰る時に、私用アドレス宛に社用アドレスから出退勤時間のメールを送っておくことも有効です。こうすると、少なくともその時間は確実に働いていた証明になります」

 こういった毎日の“証拠集め”が、いざという時、頼りになる。

※女性セブン2020年2月6日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。