マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

介護サービス費負担の軽減法、限度額超えた分をシルバー人材に依頼

2020年2月13日 15:00

介護サービスの利用限度額を超えた分はシルバー人材の利用で節約も可能
介護サービスの利用限度額を超えた分はシルバー人材の利用で節約も可能

 介護サービスを利用する場合は、自治体窓口などに要介護認定を申請し認定されれば、要支援・要介護の区分ごとに支給限度額の範囲内でサービスを受けることができる。その自己負担は原則1割だ(所得によって異なる)。

 その後は担当ケアマネージャーが作成したケアプランに基づき、食事や入浴の介助などのサービスが実施されるが、在宅介護の場合、介護保険の支給限度額を超える分をどうするかという問題が出てくる。介護ジャーナリストの末並俊司氏が解説する。

「在宅介護のプランには費用を抑える方法がいくつかある。例えば、着替えの手伝いやトイレへの誘導などの身体介助で介護保険の支給限度額を超えた分を、ヘルパーではなくシルバー人材センターに依頼する方法です」

 年金生活者の男性で、妻と2人暮らしのモデルケースを考えてみる。男性の要介護度は2。介護保険の支給限度額は月約19万7000円だ。

「大まかに計算すると、身体介助を週6日(1回4000円程度)、デイサービスを週3回(1回7000円程度)、月2回のショートステイ(1泊8000円程度)利用で限度額に達します。

 妻に疲れが出たので、要介護度2の限度額はそのままで、ショートステイに行かない週の身体介助を週7日に増やすことにする。月に2回、ヘルパーさんを余分にお願いするので、計8000円の自己負担が発生します。これを、1時間1200円で頼める介助者にお願いすれば、費用を月2400円に抑えることができるのです」(末並氏)

 シルバー人材を利用するには、担当のケアマネに相談するといいだろう。

※週刊ポスト2020年2月14日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。