マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年金受給、「絶対に繰り上げを選ぶべきタイプ」の夫婦とは

2020年2月28日 16:00

 千佐子さんと幸恵さん姉妹の例は、このケースに該当する。年金の“額面”は千佐子さん夫婦の方が高かったが、幸恵さん夫婦は年金が211万円以下だったので「住民税非課税世帯」になり、さまざまなメリットを享受したのだ。

 平均的な高齢夫婦の受給額は月20万円ちょっとで、年額で240万円ぐらいになる。もしそれぐらいの額ならば、税金や医療費、介護費のことを考えれば、前倒しして「211万円以下」に抑えることも検討したい。老後に向けた蓄えも、どう繰り上げるかの目安となる。

「60才でリタイアした夫婦が一般的な水準で老後を過ごすには、月26万~27万円必要だとされます。ただ、介護や金銭のサポートをしてくれる子供がいたり、持ち家で家賃がかからなかったりする人は、夫婦で月20万円くらいの受給額でも充分生活できるはず。

 その場合、男性の平均寿命である81才までの21年間を夫婦で過ごすと、必要な費用は計5040万円。そこから女性の平均寿命の88才まで含めると6216万円が必要になります。これに対し、60才からの受給に繰り上げた時に受け取れる年金額(モデル世帯)は約16.7万円が相場。月々3万円くらい不足するので、それをまかなえる1000万円ほどの貯蓄があれば、安心して繰り上げていい。さらに、再雇用やパートなどで年金以外の収入があればなお安心です」(北村さん・以下同)

60代からもらった方が有意義に使える?

年齢を重ねるほど支出は減る傾向に
年齢を重ねるほど支出は減る傾向に

 重要なポイントとなるのが、老後のQOL(生活の質)だ。定年後、もっともお金がかかるのは60代。夫婦ともにまだまだ元気で時間もあるため、趣味や旅行などの出費が多くなりがちだ。生命保険文化センターの2019年の調査によれば、60%以上の高齢者が、最低限の生活を維持するための出費に上乗せして、「旅行やレジャー」のためにお金を使うと回答した。70代に入り、体の自由がきかなくなる後期高齢者になると、少しずつ出費は減る。

「年金額を増やそうとして繰り下げしても、その頃にはせっかくの年金を満足に使えない可能性が高い。60代のうちに前倒しでもらった方が有意義といえるでしょう」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。