マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

がん保険の落とし穴 免責期間、再発などで給付金が出ない

2020年3月8日 7:00

「あとで給付があるから安心」という認識だと痛い目を見ることも(イメージ)
「あとで給付があるから安心」という認識だと痛い目を見ることも(イメージ)

 日本人の2人に1人がかかるといわれ、死因としては最も多い「がん」。その治療には多額の費用がかかることもあるからこそ、「がん保険」に加入している人は少なくない。だが、いざという時に、その備えが全く役に立たないことがある。

 夫に胃がんが見つかり、金銭的な負担を感じた60代女性は、その翌月、自らがん保険に加入した。間を置かずにがん検診を受けたところ、乳がんが見つかった。がん保険には契約から90日以内は給付が受けられない「免責期間」があり、彼女が乳がんと診断されたのは、あと2週間で免責期間が終わるタイミングだった。がんライフアドバイザー協会代表理事の川崎由華氏が指摘する。

「自身の体の不調や家族ががんになって不安を感じたことを理由に、がん保険に加入し、その流れでがん検診に行くケースは少なくないので、注意が必要です」

 そう話す川崎氏の父親も、「免責期間」が理由でがん保険の給付が受けられなかったという。

「父は、56歳で慢性的な体調不良に悩まされていた時に、家族にも告げず、こっそりがん保険に加入していました。その直後、体調が大幅に悪化し、検査でがんと分かった時にはすでに治療が難しい状態だった。父の死後、証書が出てきたので保険会社に問い合わせましたが、免責期間で1円も支払われませんでした」(川崎氏)

2年以内の「再発」は給付金が出ない

 がんは「再発」の可能性がどうしてもつきまとう。乳がんが再発してしまった62歳の女性は、30年間にわたって150万円もの保険料を払ったにもかかわらず、加入していた保険の免責事項である「2年以内の再発」だったために、診断一時金50万円を受け取れなかった。

 100万円にも及んだ治療費は高額療養費制度などを利用したことで、自己負担は保険適用外の費用を合わせて30万円ほどで済んだが、治療によって仕事を休む収入減もあり、生活には大きな痛手となった。『いらない保険』など多数の著書がある「保険相談室」代表の後田亨氏がいう。

「“再発に対応しているがん保険”であっても、初回の確定診断から2年経過していなかったり、高齢での再発で入院しなかったりすると、一時金が出ない商品があります。約款などで、きちんと条件を確認しておくことが重要です」

※週刊ポスト2020年3月13日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。