マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「夜中に歌うな!」老人ホームを認知症トラブルで追い出される悲劇

2020年3月6日 16:00

終の棲家のつもりで入居したはずだったが…(イメージ)
終の棲家のつもりで入居したはずだったが…(イメージ)

 介護が必要になっても困らないように、ケア体制が整った「老人ホーム」を“終の棲家”に選ぶ人は多い。しかし、入居する施設が見つかったから死ぬまで安心とは限らないのが「認知症」を発症したケースだ。

 老人ホームと契約し、入居後に認知症を発症したり、症状が進行した場合、施設側が面倒を見切れず、退去を迫られる事例は少なくない。

 都内在住の男性(51)は、3年前に離れて暮らす父親(81)を地元・北関東の老人ホームに預けた。食事や洗濯などの「生活支援」に加え、施設内に排泄や入浴介助やリハビリなどのサービス体制が整っている「介護付有料老人ホーム」だ。要介護の入居者3人に対して1人以上の介護・看護スタッフが付くことが義務づけられている。男性が言う。

「母親が先に亡くなって、父が男独り暮らしになってしまったので、万が一のことがあっても安心だと思って入れたのですが、1年ほど前に認知症の症状が出始めたと施設から連絡があった。隣の部屋に入って他の入居者とトラブルを起こしたり、夜中に歌ったり騒いだりするという。施設から『スタッフに怒鳴りつけることも増えてきたので、うちでは面倒を見切れない』と迫られ、入居から2年で退去しました。入居一時金として払った500万円のうち、半分くらいしか戻ってきませんでした」

 介護スタッフ常駐の義務づけがなく、生活支援だけを行なう「住宅型有料老人ホーム」でも同様の問題は起こりうる。住宅型ホームに母親(83)を預けた首都圏在住の男性(59)がいう。

「実家の母のことが不安で、関西の住宅型ホームに入れましたが、比較的、自由に外出ができる環境だったため、ある日『外出したお母様が戻っていないようです』と連絡を受けました。いわゆる『徘徊』だったようで、近所のスーパーに出かけた帰りに、道が分からなくなったそうです。『施設として責任は持てないから退去いただく』と言われてしまった。『次の施設が見つかるまで待ってほしい』となんとかお願いしている状態で、途方に暮れています」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。