マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

職場のホワイトデーに悩む男性会社員たち 今年は在宅ワークの影響も

2020年3月12日 15:00

たとえ義理チョコでもお返しは必要か…(イメージ)
たとえ義理チョコでもお返しは必要か…(イメージ)

 3月14日はホワイトデー。2月14日のバレンタインデーにチョコレートをもらった男性が、そのお返しをプレゼントする日として定着している。職場でのバレンタインデーは賛否あるものの、日頃の感謝の気持ちを表すものとして、まだまだ健在。そんななか、新型コロナウイルスの影響で職場が時短やリモートワークを導入したことで、今年のホワイトデーをどう乗り切るか悩んでいる男性もいるようだ。20代、30代の若手男性会社員たちの悩みを聞いた。

 保険会社に勤務する20代男性・Aさんは、一緒に仕事をしている女性社員たちから毎年バレンタインのチョコレートをもらう。職場の半数以上を女性が占めることもあり、チョコの数は、人間関係の良好さを示すバロメーターだと捉えているという。

「ホワイトデーは、絶対にケチっちゃダメ。女性陣に嫌われると仕事も進めづらくなるため、義理チョコにも全力でお返しをしなければならない、と考えています。プレゼントを先にもらっているのでハードルが上がりますが、喜んでもらえることに神経を使っています」(Aさん)

 Aさんが特に意識しているのはお返しの金額とブランドだが、今年はそのチョコ選びに異変が起こったという。

「例年、お返しの金額はもらった金額の3倍くらいを目安にしたいと思っています。またブランドの“レア感”にもこだわりたい。毎年百貨店で一生懸命チョコを選んでいますが、今年は毎年行っているデパ地下がコロナウイルスの影響で、いつも21時のところ19時や20時で閉店になってしまう。納得行くまで見て回って、直前に買おうと思っていたら、仕事帰りに間に合わない。仕方なく時間に融通がきく友人に頼んで買ってきてもらいました」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。