マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「職場にお土産」の風習は必要? 女性社員から不満の声が続々

2019年2月21日 15:00

もらう方もあげる方も、余計な気を遣う?

もらう方もあげる方も、余計な気を遣う?

 今年のバレンタインには義理チョコに“パワハラ”という声があることが話題になったりしたが、昨今“義理チョコ不要論”はますます強くなっている印象だ。しかしこうした問題は、バレンタインに限らない。職場で頻繁に見られる“お菓子を配布する”という何気ない行為にも影を落としている。人材派遣会社に勤める30代女性・Aさんは嘆く。

「バレンタインだけじゃなく、女性が職場でお菓子の配布をする風潮は本当にやめてほしい。特に八ツ橋とかの生ものはタチが悪い。『今はいりません』とやんわり断っても、『じゃああとで食べてね』と、ご丁寧にティッシュでくるんで置いていかれたりします。“察しろ”と。結局、『もらったけど、いらないから……』と水面下で“再配布”している光景もよく見ます」

 Aさんいわく、「友人が私宛てにと買ってきてくれたものは純粋に嬉しいんですが、職場に買ってきたものの雑な個別配布は不要ではないでしょうか。女性は“もらいものを喜ぶ”というレッテルを貼られていることが多い気がするけど、私は“いらないものはいらない”派なんですよね。好きな人が食べられるように、共有スペースに置いておくくらいでいいと思っています」。しかも、相手からすれば「おすそ分け」「コミュニケーションツール」など善意でやっている場合が多いだけに、無下に断りづらいという。

 問題は受け取り拒否をしづらいということに留まらない。“配る行為そのもの”にも問題があるという。日用品メーカー勤務の30代女性・Bさんはこう言う。

「誰かが買ってくると、自分も買ってこないといけないといった同調圧力が辛いです。以前、給湯室で、同期の女子が『Cさんって、休んでも何も買ってこないよね』と文句を言っていたので、私が『別に義務じゃないんだし、買ってきたかったら買ってくる、でいいんじゃない?』と言うと、『だって私が買ってきたものを食べるんだったら、自分も買ってくるのがフツウじゃない!?』と力説されました。

 個人的には、そもそも職場へのお土産はいらないと思っています。海外の謎のお菓子は味の想像がつかずに手を出しにくいし、切り分けないといけないようなカステラやロールケーキは、切るのも食べるのも面倒。なかには誰も手をつけず、コピー機の横あたりにずっと放置されているお菓子もあるし、本当に無駄だと思います」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

元日本代表ラガーマンがメンタル崩壊の危機を乗り越え癒し系FXに開眼
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。