マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

存在感増す米国産乳製品に潜む「遺伝子組換えホルモン」のリスク

2020年4月1日 15:00

「γBGHは危険ではない」と表記しているが、その上には太字で「FDAに表記を要求された」ことが強調してある(画像は鈴木さん提供)
「γBGHは危険ではない」と表記しているが、その上には太字で「FDAに表記を要求された」ことが強調してある(画像は鈴木さん提供)

 実際にアメリカのスーパーで売られている牛乳パックを見ると、《認証オーガニック商品は合成ホルモン(γBGH /γBSTなど)を使用していません》と明記。さらに《以下は、FDAの要求に基づいた表示です》と太字で強く前置きしたうえで、《γBGH/γBSTを投与していてもいなくても、牛乳の安全性に明確な違いはありません》と記載している。

 大西さんによれば、米国農務省の調査で、2000~2005年の期間に17%の牛にγBGHが使用されていたことが判明しているという。ところが──。

「500頭以上の牛を飼育する大規模経営の牧場に限っては、γBGHの使用率は40%以上です。アメリカの消費者の意識は高まっており、最近では一般的なスーパーに並ぶ乳製品のほとんどにホルモンフリーの表記があります。

 つまり、“ホルモン入り牛乳”は、アメリカ国内には出回らず、海外に輸出されている可能性が高いのです」(鈴木さん・以下同)

 しかし、EUやオーストラリアではγBGHの使用はおろか、それを使った乳製品の輸入も一切認めていない。肉牛を早く大きく育てるために投与する合成女性ホルモンは残留基準値が設定されているのに対し、γBGHは「使用すること自体がアウト」だ。

 では、γBGHを使ったアメリカ産乳製品はどこへ行くのか。そう、日本である。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。